【当サイト限定】登録だけで2,000円以上もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

安田記念2017

6月4日に東京競馬場にて春のマイル王決定戦G1安田記念が開催となります。

 

芝の1600m戦にエントリーした馬はフルゲートの18頭で全てセン・牡馬となっています。

 

牝馬の参戦は安田記念の3週前に牝馬限定マイル戦ヴィクトリアマイルが施工されてからは消極的で、牝馬の勝利となると2009年のウォッカ以来出ていません。

 

牝馬の場合はヴィクトリアマイルで目一杯仕上げて夏場は休養に充てるパターンと化していますが、当のウォッカはヴィクトリアマイルを勝ち、安田記念も勝利した歴史的名馬だったのでウォッカ級の牝馬でなければ男馬相手に勝てないというわけです。

 

現マイル路線にはウォッカ級の主役となる軸馬が見当たらず馬券を当てるには難解な一戦となる事は間違いないでしょう。

 

そして安田記念では勝利するのはどの馬か?と共にルメール騎手の4週連続G1勝利となるのか注目が集まります。

 

ここまでヴィクトリアマイル、オークス、日本ダービーと3週連続でG1勝利を成し遂げているルメール騎手ですが、安田記念を勝つと史上初となる4週連続G1勝利となります。

 

3週連続はルメールの同郷フランス人騎手のオリビエ・ペリエ騎手が達成していますが、ルメールが偉大な先輩ジョッキー越えを果たすのか期待が高まります。

 

そして安田記念でルメールに手綱を託す馬が、皐月賞馬のイスラボニータです。

 

イスラボニータはセントライト記念優勝以降惜しいレースは続いていたものの勝ち星に恵まれていませんでした。

 

しかし、前走の読売マイラーズCにて約2年半ぶりの勝利を挙げ、一躍安田記念の有力馬候補となっています。

 

鞍上のルメール騎手が乗れていることからも久しぶりのG1勝利も目前と言っていいでしょう。

 

では、安田記念のオッズをブックメーカーにて見ていきましょう。

 

ブックメーカーbet365

イスラボニータ 3.50倍、エアスピネル 5.00倍、グレーターロンドン 7.00倍、ステファノス 9.00倍、アンビシャス 9.00倍、

 

予想通りイスラボニータが一番人気となっていますね。

 

馬自身の調子の良さに加えてルメール人気もあるのでしょう。

 

人馬共に充実しているので負けるとしても3着は外さないかなと思います。

 

あと人気にはなっていませんが、香港馬の2頭コンテントメント、ビューティーオンリが気になりますね。

 

香港馬はスプリント、マイル路線のレベルが世界的に見ても高く、過去の安田記念でも優勝馬を出しています。

 

2頭とも香港のG1馬ですし、香港トップジョッキーのモレイラ、パートンが手綱を取るのが何よりも怖い存在です。

 

日本の主役不在のマイル路線では、香港馬2頭に屈する可能性も大いにあり得ますので、香港馬2頭にも注目してレースを観ましょう。