【当サイト限定】登録だけで2,000円以上もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

AFCアジアチャンピオンズリーグ

AFCアジアチャンピオンズリーグのベスト16セカンドレグの試合が30日、31日に開催となります。

 

気になるJチームの試合は、30日に鹿島アントラーズがホームで広州恒大と川崎フロンターレがホームでムアントンユナイテッドと戦います。

 

31日に浦和レッズがホームで済州ユナイテッドと試合を行います。

 

今回のセカンドレグは3試合全てが日本チームのホームで行われますが、アウェイとなったファーストレグの試合結果は、鹿島アントラーズが広州恒大に0−1で敗戦、浦和レッズが済州ユナイテッドに0−2で敗戦、川崎フロンターレがムアントンユナイテッドに1−3で快勝となっています。

 

川崎フロンターレ以外は残念な結果となってしまいましたが、鹿島アントラーズ、浦和レッズに逆転の可能性も残されているので、両チームには頑張って欲しいものです。

 

アウェイで2点差を付けて快勝した川崎フロンターレは、ベスト16突破は確約されたようなものなので、ホームとなるセカンドレグでは気を緩めずに引き続き勝利を目指して

 

では、Jチームの試合オッズをブックメーカーにて見ていきましょう。

 

ブックメーカーbet365

 

鹿島アントラーズ勝利 2.30倍、引き分け 3.10倍、広州恒大勝利 2.80倍

 

川崎フロンターレ勝利 1.36倍、引き分け 4.50倍、ムアントンユナイテッド勝利 6.50倍

 

浦和レッズ勝利 1.66倍、引き分け 3.40倍、済州ユナイテッド勝利 4.50倍

 

鹿島アントラーズの試合オッズは、鹿島勝利を予想する方が多いものの、広州恒大勝利を予想するオッズと大差ありません。

 

事実上の決勝戦と評するほど両チームの実力は拮抗しており、鹿島アントラーズと言えどもホームで広州恒大に勝つことは至難の業と言えるでしょう。

 

しかし、勝たなければベスト16敗退となってしまうので、出来れば広州恒大攻撃陣を0点で抑えて2点取ってくれれば言うことありませんが、此方の思惑通りに事は進まないでしょう。

 

川崎フロンターレの試合オッズは、ファーストレグで2点差を付けて勝利した結果を見ても、川崎有利となるセカンドレグのホームゲームでは川崎フロンターレ勝利に疑いありません。

 

選手間に慢心の心さえなければ圧勝もあり得るかも、川崎フロンターレの試合はアクシデントさえなければ安心して観られる試合となるでしょう。

 

問題は浦和レッズですね。

 

オッズを見る限りでは浦和レッズ勝利と予想する方が多いようです。

 

しかし、ファーストレグで0−2と2点差完封負けを喫しているわけなので、ホームでは2点差以上の完封勝ちが求められます。

 

相手は韓国リーグで優勝争いを演じている強豪であり、そんなチームに浦和レッズと言えども完封し2点差以上の勝ちをホーム試合と言え成し遂げる事は簡単ではありません。

 

日本の3チームのベスト16突破がかかる注目のセカンドレグから目が離せませんね。