【当サイト限定】登録だけで2,000円以上もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

AFCアジアチャンピオンズリーグ2017決勝T準々決勝

サッカーAFCアジアチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝の2ndレグが9月11日から13日に掛けて開催となります。

 

気になる1stレグの試合結果は、アルアイン0-0アルヒラル、ペルセポリス2-2アルアハリ、上海上港4-0広州恒大、川崎フロンターレ3-1浦和レッズとホームチームの2勝と引き分けが2試合の結果になっています。

 

1stレグで引き分けたチームは勿論ですが、敗戦したチームも今回はホーム試合となる2ndレグで巻き返し可能な結果となっており、2ndレグでもアグレッシブな試合展開が期待できるでしょう。

 

そして、なかでも日本チーム同士の一戦となっている浦和レッズVS川崎フロンターレの試合をピックアップしていこうと思います。

 

では、試合展開の予想の前にまずはブックメーカーにて勝利オッズを見ていきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

浦和レッズ勝利 2.10倍、引き分け 3.25倍、川崎フロンターレ勝利 3.25倍、

 

ブックメーカーbet365

浦和レッズ勝利 2.05倍、引き分け 3.20倍、川崎フロンターレ勝利 3.20倍、

 

両ブックメーカー共に浦和レッズ勝利の倍率が一番低いオッズになっていますね。

 

浦和レッズのホームゲームとなることでアドバンテージが大きく働くとみての事だと思います。

 

しかし、現在の両チームのチーム状況を考えると単純にホームだから浦和レッズが勝つとは予想し難いところではあります。

 

7月30日にミハイロビッチ監督を解任し、新体制化で再建中の浦和レッズと現在Jリーグで2位と好調を維持し、優勝争い中の川崎フロンターレとではチーム力に差が合って当然です。

 

浦和レッズは堀監督に変わってから守備が安定し、順調に勝ち星を挙げているものの、その反面で得点力の低下が見られることがマイナス要因です。

 

今回、浦和レッズは監督交代前の試合である1stレグとでは違った試合展開を見せてくれるでしょうけど、ホームとはいえ川崎フロンターレに勝つことは難しいと思います。

 

次に両チームの準決勝進出条件と戦術について述べたいと思います。

 

まずはホームチームの浦和レッズです。

 

1stレグで1-3と敗れた浦和レッズが準決勝に進出するためには、3点差以上での勝利、または2−0で勝つ必要があります。

 

よって得点が欲しい浦和レッズは試合開始から怒涛の攻めを展開することが容易に予想できますね。

 

対する川崎フロンターレは、1stレグにて浦和レッズに2点差を付けたアドバンテージもあり、準決勝進出条件として、この試合を引き分け、或いは負けても1点差までなら進出できる楽な条件となっています。

 

なので、無理に攻める必要もなく、しっかり引いて守ってからのカウンター狙いの戦術に徹する事が予想できます。

 

是が非でも複数得点を挙げなければならない浦和レッズと勝たなくても良い、引き分けでも負けなければ準決勝に進出できる川崎フロンターレとでは気持の面での余裕が全く異なります。

 

攻めあぐねた浦和レッズが川崎フロンターレのカウンター攻撃の餌食になるようなそんな試合展開が予想できますので、良くて引き分け、または川崎フロンターレの勝利となるでしょう。