【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

菊花賞2017

牡馬クラシックレースの最終戦「菊花賞」が10月22日に京都競馬場にて開催となります。

 

一度しか出走できないクラシックレース最後の一冠をどの馬が手に入れるのか注目が集まります。

 

日本ダービーの1.2.3着馬が揃って不出走となっており、戦前から混戦が予想されていましたが、更に人気上位馬が揃って長距離では不利となる外枠を引いたことで荒れる要素を膨むレースとなるでしょう。

 

では有力馬のご紹介の前に、まずはブックメーカーにてオッズを確認していきましょう。

 

ブックメーカーbet365

キセキ 3.50倍、アルアイン 4.50倍、ミッキースワロー 4.50倍、ダンビュライト 6.50倍、サトノアーサー 8.00倍、

 

キセキが1番人気ですが2番人気以降のオッズと僅差なので混戦レースと言えるでしょう。

 

では1番人気のキセキから順にご紹介していきます。

 

関西の名門角居厩舎所属の馬で、春のクラシックレースとは縁がありませんでしたが、徐々に力を付けてきた印象の上がり馬です。

 

前走の菊花賞トライアルG2神戸新聞杯でダービー馬のレイデオロに次ぐ2着となり世代屈指の実力馬であることを証明してみせました。

 

直線の切れ味を身上とする馬なので、重馬場が予想される当日の馬場状態だけが心配ですが有力馬の一頭であることは間違いありません。

 

続いて2番人気のアルアインは今年の皐月賞の勝ち馬です。

 

日本ダービーは勝ち馬から0.3差の5着、前哨戦のセントライト記念で2着と2400m戦までは距離に不安は無いようです。

 

ただ血統を見ると母親のドバイマジェスティが短距離馬だったことから3000mの距離に対応できるのか疑問が残る馬ですね。

 

次は3番人気のミッキースワローです。

 

前哨戦のセントライト記念で皐月賞馬のアルアインに差し切り勝ちを決めて菊花賞の本命候補まで登り詰めた新星です。

 

キセキ同様に切れ味を身上とする馬なので当日の馬場状態が活躍の鍵となりそうです。

 

そして忘れてはならないのがミッキースワローは関東の馬なので関西への輸送を無事クリアすることが第一条件となりますね。

 

関西への遠征競馬は過去に一度だけ経験していますが、G2京都新聞杯で5着に敗れている辺り、関西への輸送はマイナス条件と捉えた方が良いと思います。

 

菊花賞当日のパドックで輸送により馬体重が大幅に減っているようであれば切り捨てた方が良さそうですね。

 

以上人気馬3頭をご紹介しました。

 

全馬未経験となる3000mの距離適性と台風の影響で重馬場が予想される馬場状態、有力馬が外枠を引いたことで大荒れの予感がします。

 

そこでお勧めしたいのが、5番人気のサトノアーサーです。

 

重馬場、不良馬場で結果を残していますし、枠も絶好の4枠8番と申し分ありません。

 

新馬戦から乗り続けている川田将雅騎手が手の内に入れていることも折り合いが重視される長距離戦では有利となるでしょう。

 

あとは4番人気のダンビュライトですね。

 

長く良い脚が使える馬ですが、切れない馬なので重馬場が予想される馬場状態はプラスに働くでしょうし、菊花賞4勝を誇る武豊騎手が鞍上となるのは何よりも心強い事です。

 

菊花賞当日はサトノアーサー、ダンビュライトの2頭にも注目して観てくださいね。