【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

天皇賞

bet365では日本の天皇賞にも賭けることができます。

 

JRAが発表しているオッズより高い場合があります。

 

bet365のトップページより【Horse Racing】を選択します。

下のほうにいくと、【International NRNB】から【The Tenno Sho】がありますのでクリックします。

※開催3日前くらいから表示されます。

 

すると天皇賞のオッズが表示されます。

 

bet365にかぎらずブックメーカーにおいて『オッズ』は“BETした時点(買った時点)”でのオッズが適用されます。

 

最終オッズというものに左右されることなく、BETした時点(買った時点)でのオッズでそのまま配当がされるのです。

 

JRAの単勝オッズを見てみましょう。

ゴールドアクターに注目します。

JRAの3.5倍に対して、bet365は4.0倍です。

 

オッズに差がでていることがわかります。

 

ただ、JRAの場合 投票が閉めきった段階でのオッズが適用されるので、4.0倍よりかは低くなるか高くなるかレースがはじまってみないとわかりません。

 

しかし、bet365の場合はレース直前まで変動しても、賭けた時点でのオッズが適用されるのです。

 

実際にどうなったか?レースを見てみましょう。

 

第153回天皇賞・春

「第153回天皇賞・春」(G1、芝3200メートル)は1日、京都競馬場で行われ、武豊騎手騎乗のキタサンブラック(牡4=清水久厩舎、父ブラックタイド、母シュガーハート)が制しました。

 

 

JRAの確定オッズは以下になります。

 

1位のキタサンプラックの確定オッズは4.5倍でした。

 


bet365では、5.0倍なので同じ馬に賭けた場合は、bet365のほうが払い出し金額が大きいことが証明出来ます。

 

競馬が好きな人は、両方のオッズを見る価値ありですね!