【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

Bet365サッカーの賭け方

こちらのページではbet365のサッカーの賭け方を解説します。

 

今回はサッカーのヨーロッパリーグにBETしてみます。
まずは、左メニューから「Soccer」をクリックします。

 

ブックメーカーによって表示方法は違いますが、bet365 の場合は「UEFA Europa League」です。

まずは1番わかりやすいBET方法の「Full Time Result」でBETします。
Full Time Result はどちらのチームが勝つか、もしくは引き分けかを予想します
例の場合は、「Bragaが勝つ」「Birminghamが勝つ」「Draw(引き分け)」のどれかを選ぶ3択になります。

 

今回は Braga にBETします。画像の場合は「1.57」をクリック

以下のように右部分に金額を入力する欄が出てきます。

「Stake」は賭け金を入力する欄です。ここに入力すると自動で「To Win」に利益が表示されます。
「To Win」は利益を入力する欄です。ここに入力すると自動で「Stake」に賭け金が表示されます。
※「To Win」は利益だけですので、「To Win」+ 賭け金が予想的中した場合の払戻金額になります。

 

賭け金を入力し右下の「Place Bet」をクリックするとBET完了です。

 

他のBET方法

以下の画像の数字「+66」のところをクリックすると、他のBET方法でも賭けれます。(数字は試合によって変わります)

 

BETの種類

Bet365のサッカーの賭け方にはたくさんの種類があります。
一つづつ解説します。

 

Double Chance

「ホーム側の勝ちか引き分け」、「アウェー側の勝ちか引き分け」、または「引き分け以外」を予想します。

 

Correct Score

試合結果の点数を予想します。

 

Half Time/Full Time

前半後半の試合展開を予想します。
例:前半0-1 後半2-1 になった場合、「Braga - FC Porto」が的中となります。

 

Total Goals

試合結果の両チームの合計得点を予想します。
Over 2.5の場合は3点以上、Under 2.5の場合は2点以下

 

Asian Handicap

Asian Handicap の詳細はこちら

 

Goal Line

試合結果の両チームの合計得点が設定された数字を上回るか下回るか予想します。
Over 2.5の場合は3点以上、Under 2.5の場合は2点以下

 

Draw No Bet

どちらが勝つかを予想します。引き分けの場合、賭け金は返ってきます。

bet365のサッカーのかけ方の種類

bet365のサッカーのかけ方の種類について解説します。

 

Full Time Result(フルタイムリザルト)

サッカーにおける、もっとも一般的な賭け方です。90分間(後半アディショナルタイムは含んで)、
ホーム勝利かドローかアウェイ勝利かを予想します。延長戦やPK戦がある試合でも、その決着は関係ありません。

 

Double Chance(ダブルチャンス)

フルタイムリザルトの変則型です。
「ホーム勝利かドロー」「アウェイ勝利かドロー」「ホーム勝利かアウェイ勝利」の3つの選択肢で結果を予想します。
例えば「Japan or Draw」に賭けたなら、日本が勝つか引き分けなら的中です。

 

Halftime Result(ハーフタイムリザルト)

フルタイムリザルトとルールは同じで、前半限定バージョン。
前半45分の結果のみ(アディショナルタイムは含む)で、ホーム勝利かドローかアウェイ勝利かを予想する賭け方です

 

Asian Handicap(アジアンハンディキャップ)

試合結果に、賭けたオッズについているハンデを足して、的中・不的中を判断する賭け方です。

 

Half Time/Full Time(ハーフタイム/フルタイム)

前半のみの結果と、90分間の結果を組み合わせて予想する賭け方。
この日本vsギリシャなら、0-0で終わったのでDraw-Drawの4.5倍が的中ということです。

 

3-Way Handicap(スリーウェイハンディキャップ)
試合結果に、賭けたオッズについているハンデを足して、ホーム勝利か、ハンデ計算後にドローか
あるいはアウェイ勝利かを予想する、3択の賭け方。
90分間の試合結果(スコア)にハンデを加算するというルールはアジアンハンデと同じですが、結果の判断が異なります。

 

1st Half Handicap(前半ハンディキャップ)
こちらは3wayハンディキャップの前半限定バージョンです。

 

Draw No Bet(ドローノーベット)

勝敗予想の1つ。文字通りドローの場合はノーベット(無効)となって返金される賭け方です。

 

To Win 2nd Half(トゥーウィンセカンドハーフ)
後半45分(+アディショナルタイム)の結果を予想する賭け方。前半の結果は関係ありません。

 

 

スコア系のオッズ

1st Goal(ファーストゴール)

 

先制点をどちらが決めるか予想する賭け方です。No 1st Goalは無得点と予想するための選択肢。

 

Match Goals(マッチゴールズ)
試合中のゴール総数が指定された基準値を上回る(Over)か下回る(Under)かの2択で予想する賭け方です。
この例の場合は2.5が基準値なので、3点以上動けばOverが、2点以下ならUnderが的中です。
(結果は0-0だったので、Underに賭けていれば的中)

 

Alternative Match Goals(オルタナティブマッチゴールズ)
Alternativeは”代わり”という意味。マッチゴールズとして表示されている以外の基準値が並んでいます。

 

1st Half Goals(前半ゴール)
こちらは前半のみのゴール数に限定したOver/Under予想オッズ。

 

Goal Line(ゴールライン)
このゴールラインオッズもマッチゴールのOver/Underと仕組みは同じですが、
勝敗オッズのアジアンハンデ同様に「1.5 ,2」など2つ数字がついている場合があります。
これに賭けたときは、賭け金が自動的に等分され、それぞれの条件で的中・不的中・返金が判断されます。

 

1st Half Goal Line(前半ゴールライン)
こちらは前半のみのゴールライン予想オッズです。仕組みは上記解説と同じ。

 

Half Time Correct Score(ハーフタイムコレクトスコア)
前半終了時のスコアを正確に当てる賭け方です。
ホームチームとアウェイチームの目盛りをスライドさせるとオッズが変わります。
Sliderのところをallに変えると、他のオッズと同じように選択肢から選ぶタイプが表示されます。

 

Final Score(ファイナルスコア)
こちらは試合終了時のスコアを正確に当てるタイプです。賭け方はハーフタイム版と同じ。

 

Time of 1st Goal(タイムオブファーストゴール)
何分までに先制ゴールが決まるか、または決まらないかを予想する賭け方。
Goal Beforeは「その時間までに点が動く」で、Not Goal Beforeはその反対。

 

Last Team To Score(ラストチームトゥスコア)

最後のゴールをどちらが決めるか。No Goalは無得点(0-0)と予想するための選択肢です。

 

Goals Odd/Even(ゴールズ アッド/イーブン)

試合中の両チームのゴール総数が、Odd(奇数)か、Even(偶数)かを予想する賭け方です。

 

Both Teams To Score(ボースチームストゥスコア)

両チームが試合中に1点でもゴールを決めるかどうか、Yes/Noの2択で予想する賭け方です。

 

Both Teams To Score In 1st Half(ボースチームストゥスコアインファーストハーフ)

こちらはBoth Teams To Scoreを前半のみに限定したオッズです。

 

Both Teams To Score In 2nd Half(ボースチームストゥスコアインセカンドハーフ)

こちらはBoth Teams To Scoreを後半のみに限定したオッズです。

 

Team To Score In Both Halves(チームトゥスコアインボースハーヴス)
ホームチームとアウェイチーム、それぞれ前後半両方ともゴールを決めるかどうか、Yes、No形式の2択で予想する賭け方です。

 

Team To Score In 2nd Half(チームトゥスコアインセカンドハーフ)
ホームチームとアウェイチーム、それぞれ後半にゴールを決めるかどうか、Yes、No形式の2択で予想する賭け方です。

 

 

スコアラー(得点者)系のオッズ

 

1st Goal Scorer(ファーストゴールスコアラー:先制点者)
これは、賭けた選手が試合中に動く1点目(先制点)を決めると的中となるオッズです。
No 1st Goalはこの試合が無得点、スコアレスドローで終わると予想する選択肢。

 

To Score At Anytime(トゥスコアアットエニタイム)
試合中(90分間。延長戦やPK戦は除く)で、賭けた選手が1点でも決めると的中となるオッズです。

 

To Score 2 or More(トゥスコアツーオアモアー)
賭けた選手が2点以上決めれば的中となるオッズです。

 

To Score A Hat Trick(トゥスコアアハットトリック)
これは、賭けた選手がハットトリックを達成すれば的中となるオッズです。

 

 

コーナーキック系のオッズ

 

Match Corners(マッチコーナーズ)
試合中のコーナーキック総数(両チーム合算)を、基準値を上回る(Over)か、ちょうど(Exactly)か、下回る(Under)かで予想する賭け方。
例えば、7本以上と予想するならOver7の1.28倍に賭けます。10本以下と考えるならUnder10の1.83倍に。
この基準値は、試合中にコーナーキックが増えるたびに見直され、新しいオッズが並びます。

 

2way Corners(ツーウェイコーナーズ)
試合中のコーナーキック総数(両チーム合算)を、Over/Underの2択で予想する賭け方です。
基準値が9.5となっているので、試合中コーナーキック総数が10本ならOverが、9本ならUnderが的中となります。

 

1st Half Corners(前半コーナーズ)
前半のコーナーキック総数(両チーム合算)を、基準値を上回る(Over)か、ちょうど(Exactly)か、下回る(Under)かで予想する賭け方。

 

Asian Corners(アジアンコーナーズ)
試合中のコーナーキック総数(両チーム合算)を、Over/Underの2択で予想する賭け方です。
基準値が9.5となっているので、試合中コーナーキック総数が10本ならOverが、9本ならUnderが的中となります。

 

1st Half Asian Corners(前半アジアンコーナーズ)
アジアンコーナーズを前半のみに絞ったのがこちら。ルールは全く同じです。
この例の場合は5本が基準値となっているので、もし総数が5本ならどちらに賭けていても返金となります。

 

 

Corners Race(コーナーズレース)
ホームとアウェイ、どちらが先に指定の本数のコーナーキックを獲得するか予想する賭け方。
例えば7本の日本4.33倍は、日本が先に7本目を得ると的中となります。そしてNeitherはどちらも達しないと予想する選択肢です。

 

 

Corner Handicap(コーナーハンディキャップ)
ホームとアウェイのコーナーキックの数にハンデを足して的中・不的中を決める賭け方。
スリーウェイハンデと同じ仕組みなので、ルールは勝敗系オッズの3way Handicapを参照下さい。

 

Most Corners(モストコーナーズ)
ホームとアウェイ、どちらのコーナーキック数が多いか、ドロー(同数)を含む3択で予想する賭け方。

 

 

カード系のオッズ

 

Number Of Cards(ナンバーオブカーズ)
試合中に何枚カードが提示されるか(イエロー、レッド合算)をOver/Under形式で予想する賭け方。
この例の場合は3.5が基準値なので、4枚ならOver、3枚ならUnderが的中となります。

 

 

1st Goal Method(ファーストゴールメソッド)
先制点がどんなかたちで生まれるか。shotはシュート、Headerはヘディング、PenaltyはPK
Free Kickはフリーキック、Own Goalはオウンゴール、No 1st Goalはゴール無し(0-0)と予想するための選択肢です。

 

 

Next 10 Minutes(ネクストテンミニッツ:次の10分間予想)
指定された10分間でスコアやコーナーなどの各結果をOver/Under形式で予想する賭け方。
試合が進むにつれ、30:00〜39:59や60:00〜69.59など対象時間はどんどんスライドしていきます。
選べる選択肢は、コーナー、カード、ゴール、フリーキック、スローイン、ゴールキックの6種類。
例えばGoalsのUnder0.5に賭けたなら、20分-29分59秒の間で点が動かなければ的中です。

 

 

Match Time Result(マッチタイムリザルト)
該当する時間までの結果で、ホーム勝利・ドロー・アウェイ勝利を予想する賭け方。
例えば60分の日本2.62倍なら、「後半15分時点で日本が勝っている」なら的中でした。
(この試合は0-0だったので、すべての時間帯でドローが的中)

リーグ三連覇を成し遂げ、現在もポルトガルリーグ首位を走るベンフィカ。対するは、今季苦戦続きのドルトムントです。現在リーグ4位と出遅れているドイツの名門クラブは、例年通り怪我人が多く、順位が安定しません。トゥヘル監督は様々な選手・フォーメーションを使用することで有名ですが、今季はそんな積極姿勢が裏目に出ているでしょうか?CL直前。最下位にまさかの敗戦。最低最悪とののしられるなど、散々な形で1stレグ...

AFCアジアチャンピオンズリーグのグループステージ進出を懸けた試合、ガンバ大阪(日本)対ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)が、7日の19時よりガンバ大阪のホームである市立吹田サッカースタジアムにて行われます。対戦相手のジョホール・ダルル・タクジムは自国のマレーシアスーパーリーグを3連覇中の強豪チームです。そして日本人にはお馴染みの日本がワールドカップ初出場を成し遂げた「ジョホールバルの歓喜...

dummy

28日よりAFCアジアチャンピオンズリーグのグループステージ第2節の試合が始まります。第2節の注目試合としてムアントン・ユナイテッド 対 鹿島アントラーズを挙げます。理由はタイのムアントン・ユナイテッドには日本人プレイヤー青山直晃選手が在籍しているからです。青山直晃選手のポジションは守備の要となるCBです。異国の地タイで助っ人外国人として重要なポジションを日本人が任されるなんて何だか誇らしい気分に...

レヴァークーゼンvsアトレティコ・マドリードの試合が、2月22日水曜日にレヴァークーゼンのホームスタジアム、バイアレーナにて4時45分キックオフとなります。両チームとも持っているポテンシャルはビッグクラブにも劣らないはずですが、国内リーグでの調子が今ひとつで波に乗り切れていません。この一戦を気にチャンピオンズリーグ、国内リーグ共に弾みをつけたいところです。ホームのレヴァークーゼンは、昨シーズンドイ...

dummy

20日からAFCアジアチャンピオンズリーグのグループステージが開幕いたします。日本のクラブチームはプレーオフを制してグループステージに駒を進めたガンバ大阪、鹿島アントラーズ、浦和レッズ、川崎フロンターレの4チームが出場します。初陣は21日のウェスタン・シドニー・ワンダラーズvs浦和レッズ、鹿島アントラーズvs蔚山現代となります。AFCの初戦となるのでどちらの試合も注目ですが、特にウェスタン・シドニ...

dummy

UEFAヨーロッパリーグ決勝Tラウンド32が、2月17日金曜日から始まります。同時期に行われるUEFAチャンピオンズリーグの顔ぶれと比べるとどうしても見劣りするのは仕方ないことですが、全16試合の中から注目の一戦として選ぶならマンチェスター・ユナイテッド 対 ASサンテティエンヌになるでしょう。理由は、マンチェスター・ユナイテッドがUEFAヨーロッパリーグの上位カテゴリーに値するUEFAチャンピオ...

UEFAチャンピオンズリーグ決勝Tラウンド16のセカンドレグが8日から開催されます。8日の試合は、アーセナル対バイエルン・ミュンヘン、ナポリ対レアル・マドリードの2試合が組まれていますが、アーセナル対バイエルンミュンヘンに注目して見ていきましょう。バイエルンのホーム、アリアンツ・アレーナで行われたファーストレグでは、5−1のスコアでバイエルンミュンヘンの圧勝に終わりました。アウェイゴールを1点取っ...

10日からUEFAヨーロッパリーグ決勝Tラウンド16のファーストレグが始まります。ベスト16に勝ち残ったチームの中には、シャルケ、ローマ、マンチェスター・ユナイテッドなどチャンピオンズリーグのベスト16に残っていても驚かないほどの実力、知名度を持つチームもいますが、ここは敢えて奇しくもベルギー勢同士の対決となったKAAヘント 対 KRCヘンクの試合に注目して観ていきましょう。ベルギーでは同じ国のチ...

フジゼロックススーパーカップが2月18日土曜日に日産スタジアムにて13時35分キックオフとなります。対戦カードは鹿島アントラーズ対浦和レッズの一戦です。フジゼロックススーパーカップは昨年のJリーグ年間チャンピオンチームと天皇杯を制したチームで争う真の日本一決定戦になります。ただし、鹿島アントラーズが昨年のリーグ優勝と天皇杯を制しているので、対戦相手はリーグ準優勝の浦和レッズとなりました。鹿島、浦和...

好調に陰りが見え始めた、王者レアルマドリード。新年前までは無敗記録を40まで伸ばしていましたが、1/15日第18節でセヴィージャに敗戦。さらに国王杯ではセルタデヴィーゴ相手にまさかの準々決勝敗退。カルバハルやベイルら重要選手らの欠場により、戦術が安定しないなど、不調な時期が続いています。前節も最下位オサスナ相手に3-1ながらも苦しい試合展開。復調のきっかけをつかむのはいつになるのでしょうか?対する...

信じられない展開で幕開けたCL16強トーナメントオープニングマッチで起きた大番狂わせにいまだ心が震えているサッカーファンも多いことでしょう。レアル・バイエルンは順当に勝ち星を上げましたが、まだ試合は4試合残っています。その中でも注目の一戦。マンチェスターシティVSモナコ。強豪同士の一戦は激戦になること間違いありません。注目の好カードを、オッズを交えながら予想していきます。現在勝ち点59でフランスリ...

3月14日にAFCアジアチャンピオンズリーグのグループステージ第3節、鹿島アントラーズ対ブリスベン・ロアーの一戦がカシマサッカースタジアムにて開催されます。現在、鹿島アントラーズはグループリーグ1勝1敗で2位、対するブリスベン・ロアーは1分け1敗で最下位となっています。まだ2試合を消化したばかりで、グループリーグの展望は全く見えませんが、鹿島アントラーズにとって最下位のチームとのホームでの試合、確...

15日にUEFAチャンピオンズリーグ決勝Tラウンド16のセカンドレグ、レスター 対 セビージャの試合が行われます。日本人としては日本代表FWの岡崎慎司選手が所属するレスターを応援したいのですが、レスターは昨季プレミアリーグ優勝へと導いたラニエリ監督を成績不振により解任しシェイクスピア監督に変わりました。シーズン中に監督を変えることは、戦術変更や選手起用、選手のモチベーションの低下も考えられリスクを...

28日にサッカーロシアW杯アジア最終予選のタイ戦が埼玉スタジアム2002にて行われます。最終予選のグループBに属する日本は、現在のところ1位サウジアラビアと勝ち点13と並び2位となっています。このままの順位をキープ出来れば晴れてワールドカップ出場となりますが、3位オーストラリアとの勝ち点差は3ポイント、4位UAEとの勝ち点差も4ポイントです。タイ戦を含めた残り試合数も4試合あり、まだまだ楽観視でき...

イタリアリーグ4連覇を達成し、国内ではもはや敵なしの王者ユヴェントス。対するはポルトガルリーグの強豪ポルト。両者力がある名門クラブですが、やはりユヴェントス勝利予想が大半です。それでも今季のCLは 魔物が潜んでいることも事実。予想通りにことが進むとは限らないでしょう。ポルトvsユヴェントスのcl1stレグ。それぞれのリーグを代表するチーム同士の、見逃せない一戦がCL1st最終日に待ち構えています。...

AFCアジアチャンピオンズリーグのグループステージも折り返しとなる4節目に突入です。気になるJチームのここまでの成績は、鹿島アントラーズがグループEの首位、浦和レッズがグループFで2位、川崎フロンターレがグループGで3位、ガンバ大阪はグループHの3位といずれもグループステージ突破の可能性が高く、この先の戦に期待が持て楽しみではあります。そして4節目で最も注目が集まる試合は川崎フロンターレVS広州恒...

AFCアジアチャンピオンズリーグのグループステージ第5節の戦いが、24日に行われるブニョドコルVSアル・アハリを皮切りに26日まで開催されます。グループステージも第6節までとなるので、いよいよ終盤、大詰めとなってきましたが、気になる日本チームの現状をお伝えしていきましょう。まずはグループEに属する鹿島アントラーズは、現在勝ち点6のグループ2位(グループ2位までが突破)。1位のムアントン・ユナイテッ...

UEFAチャンピオンズリーグのベスト4が出揃いました。勝ち残ったチームは、レアル・マドリード、アトレチコ・マドリード、ASモナコ、ユベントスの4チームです。ベスト8まで勝ち残っていた日本人選手が所属するドルトムント、レスターは敗退しています。特に好調を維持していた香川選手のドルトムントには期待していただけに凄く残念ですが、来年頑張ってもらいましょう。そして今回注目する試合に、スペイン勢同士の対決と...

いよいよベスト8が出揃いましたUEFAチャンピオンズリーグです。ベスト8に勝ち上がったチームは、バルセロナ、レアルマドリード、ユヴェントス、モナコ、ドルトムント、アトレティコ、レスター、バイエルン。そして今回注目する試合は、ドルトムントVSモナコです。日本人なら必然とドルトムントに所属する日本代表の香川選手に注目が集まりますが、香川選手の最近の奮闘ぶりに一時期低迷していた頃にはなかった活気がみられ...

UEFAヨーロッパリーグ決勝T準々決勝。UEFAヨーロッパリーグの準々決勝の試合2ndレグが21日行われます。14日に行なわれた1stレグ全試合の結果は、ホームチームが3勝1引き分けの結果でした。勝ったチームは全て2点以内のスコアなので、負けたチームも今回行われる2ndレグがホーム試合となることから十分巻き返せるチャンスがあると言えます。そして今回の2ndレグで注目したい一戦が、シャルケVSアヤッ...

前節不調リヴァプールとの上位決戦を2-0で落としたトッテナム。下馬評では有利との見方でしたが、見事に覆された形となり失意のままピッチを去ることになりました。順位もシティに抜かれ3位に後退。チェルシーを追いかけるどころか、6位ユナイテッドにも2ポイント差まで詰め寄られる事態となってしまいます。対するストークは前節久々の勝利。現在9位と安定した順位で終盤戦へと向かおうとしています。2位から6位までが4...

AFCアジアチャンピオンズリーグのベスト16セカンドレグの試合が30日、31日に開催となります。気になるJチームの試合は、30日に鹿島アントラーズがホームで広州恒大と川崎フロンターレがホームでムアントンユナイテッドと戦います。31日に浦和レッズがホームで済州ユナイテッドと試合を行います。今回のセカンドレグは3試合全てが日本チームのホームで行われますが、アウェイとなったファーストレグの試合結果は、鹿...

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝の2ndレグが6月10日、11日に開催となります。10日がユヴェントスVSモナコ、11日がアトレチコ・マドリッドVSレアル・マドリッドです。まずは1stレグの結果を交えて2ndレグの展望をお伝えしていきましょう。モナコのホームスタジアム「スタッド・ルイII」で行われた1stレグでは、モナコ自慢の攻撃陣がユヴェントス守備陣の前に不発。ユヴェントスのエースストライカー...

dummy

AFCアジアチャンピオンズリーグのグループステージ第6節の試合が9日と10日にかけて開催となります。第6節がグループステージの最終戦となりますが、既にグループステージ突破の2チームが決まっているグループもあれば最終戦の結果次第では最下位のチームが1位に躍り出る混戦模様のグループもあります。そんな中で日本のクラブチームの現状をお伝えしますと、まずグループEの鹿島アントラーズは勝ち点9でグループ2位、...

サッカーAFCアジアチャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝の2ndレグが9月11日から13日に掛けて開催となります。気になる1stレグの試合結果は、アルアイン0-0アルヒラル、ペルセポリス2-2アルアハリ、上海上港4-0広州恒大、川崎フロンターレ3-1浦和レッズとホームチームの2勝と引き分けが2試合の結果になっています。1stレグで引き分けたチームは勿論ですが、敗戦したチームも今回はホーム試...

dummy

AFCアジアチャンピオンズリーグのベスト8が出揃い、8月22日より1stレグの試合が開催となります。対戦カードは、アルアインvsアルヒラル、ペルセポリスvsアルアハリ・サウジ、上海上港vs広州恒大、川崎フロンターレvs浦和レッズとなります。奇しくも中東勢、中国勢、日本勢のチーム同士が戦う組み合わせとなってしまい、同じ国同士での潰し合いを悔やむべきか、またはベスト4には少なからず1チームが勝ち上がる...

サッカーヨーロッパチャンピオンズリーググループリーグ第1節の試合が9月13日、14日にヨーロッパ各地にて開催となります。欧州全土のトップチームが集うチャンピオンズリーグ初戦だけに、どの試合も目が離せない好ゲームとなるでしょう。その中でも注目となる試合は、やはりバルセロナVSユベントスの名門同士の一戦でしょう。この対戦カードは昨年のベスト8と同じ組み合わせで、この時はユベントスがバルセロナを下してい...

今季のUEFAヨーロッパリーググループリーグ第1節の試合が9月14日、15日に欧州各地にて開催となります。一足早く開催となったチャンピオンズリーグには日本人で唯一、香川真司選手が独りと寂しい状況になっています。しかし、ヨーロッパリーグには、ケルンの大迫勇也、ヘルタの原口元気、マルセイユの酒井宏樹、ザルツブルクの南野拓実と4名もの日本人選手が出場予定となっているので活躍に期待したいですね。そして今回...

3月17日よりUEFAヨーロッパリーグ決勝Tラウンド16の2ndレグが始まります。その中でも日本代表FW久保裕也選手が所属する、KAAヘント対KRCヘンクを注視していきましょう。KAAヘントのホームで行われた1stレグの結果は、2−5とKAAヘントの惨敗となっています。今回の2ndレグはKRCヘンクのホームとなり、KAAヘントがベスト8に進出するにはかなり厳しい戦いを強いられる事となりました。1s...

サッカーヨーロッパチャンピオンズリーグのグループリーグ第2節の試合が9月26日、27日に開催となります。チャンピオンズリーグの試合は、ヨーロッパを代表するチーム同士の対戦なので、どの試合も注目度の高いゲームになります。その中でも日本人の香川選手率いるボルシア・ドルトムントvs昨年の優勝チームであるレアル・マドリードの一戦を今回はピックアップしていきましょう。では、試合予想の前にまずはブックメーカー...

欧州サッカーのチャンピオンズリーググループステージ第3節の試合が10月18日、19日に開催となります。全16試合のうち、キプロス王者のアポエル・ニコシアvs日本代表の香川真司擁するボルシア・ドルトムントの試合にスポットを当てて解説していきたいと思います。グループHに属するアポエル・ニコシア、ボルシア・ドルトムントの両チームですが、ここまで2試合を消化して2敗と勝ち星がありません。グループ2位までに...

dummy

J1昇格プレーオフの決勝「名古屋グランパスvsアビスパ福岡」の一戦が、12月3日に豊田スタジアムにて開催となります。シーズン3位の名古屋グランパスと4位のアビスパ福岡、共にJ1自動昇格をあと一歩のところで逃した両チームですが、順当にプレーオフ準決勝を勝ち抜いてきました。攻撃的なサッカースタイルを持つ名古屋グランパスと守備的なサッカースタイルを持つアビスパ福岡、対照的な両チームの対戦とあって白熱した...

ヨーロッパサッカーのチャンピオンズリーググループリーグ第6節の試合が12月6日、7日に欧州各地にて開催となります。グループリーグも最終戦を迎え、各グループの全容も明らかになってきましたが、最終戦を待たずにグループリーグ勝ち抜けの2チームが決まっているグループ、或いは最終戦の結果次第で最下位の4位チームにもチャンスがあるグループなどグループごとに様々な状況の違いが見て取れます。そこで今回ピックアップ...

クラブチームの世界最強チーム決定戦「FIFAクラブワールドカップ」が、12月7日よりUAEアラブ首長国連邦にて開幕となります。FIFAクラブワールドカップは世界6大陸の王者と開催国のリーグ優勝チームによるトーナメント戦となります。当然ながらサッカー強豪チームの欧州代表のレアル・マドリードと南米代表のグレミオに注目が集まりますが、今年はアジア王者となったJリーグの浦和レッズと日本代表の本田圭佑選手が...

ヨーロッパサッカーのUEFAヨーロッパリーググループリーグ第6節の試合が12月8日に欧州各地にて開催となります。第6節の試合でグループリーグの試合日程が終了となりますが、現在の日本人選手が所属するチーム状況は、南野選手が所属するザルツブルグがグループIを1位確定でグループリーグ突破確定、同じくグループIの酒井選手が所属するマルセイユは、第6節のザルツブルグとの試合結果次第でグループリーグ突破が決ま...

EAFF 女子E-1サッカー選手権「日本vs中国」の一戦が、12月11日にフクダ電子アリーナにて開催となります。12月8日に行なわれた初戦の韓国戦では、3−2で勝ち星を手にしたなでしこジャパンでしたが、試合内容はあまり褒められる出来ではありませんでした。先制するも2度追い付かれる試合展開に守備面での修正が急務となっている実情を露呈する結果となっています。ただ、3試合だけの短期決戦を考えれば内容はど...

EAFF E-1男子サッカー選手権「日本vs北朝鮮」の一戦が、12月9日に味の素スタジアムにて開催となります。今回のEAFF E-1サッカー選手権において日本代表メンバーはすべて国内組で構成されていますので、シーズン中である海外組の選手は含まれていません。昨今の代表チームは、ほとんどのポジションに海外組メンバーで構成されている事を考えれば、戦力低下は必然となるでしょうが、それは他の参加国も同じこと...

EAFF E-1選手権の女子サッカー「日本vs韓国」の一戦が12月8日より日本のフクダ電子アリーナにて開催となります。EAFF E-1選手権の決勝ラウンドの参加国は、開催国となる日本を含み、男女ともに日本、韓国、中国、北朝鮮の4か国となります。EAFF E-1選手権は聞き慣れない大会名ですが、旧大会名は東アジアカップで、東アジアサッカー連盟(EAFF)が主催する男女の代表チームによる総当たり戦で勝...