【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

ヨーロッパチャンピオンズリーグ2017-2018グループリーグ第2節

サッカーヨーロッパチャンピオンズリーグのグループリーグ第2節の試合が9月26日、27日に開催となります。

 

チャンピオンズリーグの試合は、ヨーロッパを代表するチーム同士の対戦なので、どの試合も注目度の高いゲームになります。

 

その中でも日本人の香川選手率いるボルシア・ドルトムントvs昨年の優勝チームであるレアル・マドリードの一戦を今回はピックアップしていきましょう。

 

では、試合予想の前にまずはブックメーカーにてオッズを確認していきましょう。

 

ブックメーカーウィリアムヒル

ボルシア・ドルトムント勝利 2.75倍、引き分け 3.80倍、レアル・マドリード勝利 2.30倍、

 

ブックメーカーbet365

ボルシア・ドルトムント勝利 3.00倍、引き分け 3.90倍、レアル・マドリード勝利 2.30倍、

 

昨年もチャンピオンズリーググループステージで対戦した両チームですが、両ブックメーカー共に昨年の覇者であるレアル・マドリード勝利を予想するオッズが人気となっています。

 

ちなみに昨年の試合結果はホーム&アウェイ共に2−2の引き分けでした。

 

両チームともにヨーロッパを代表するサッカークラブではありますが、格で言えばレアル・マドリードの方がボルシア・ドルトムントよりも各上です。

 

今回はドルトムントのホームゲームとなりますが、クラブの格を見てレアル・マドリード有利と見ているのでしょう。

 

しかし、過去の対戦成績を見ても両チームの差は余り感じられません。

 

12回対戦してドルトムントの3勝4敗5分けと1つだけ負け越してはいるもののほぼ互角の戦績となっています。

 

更に今シーズンの自国リーグにおいての成績を見てもドイツブンデスリーガで強豪バイエルン・ミュンヘンを抑え1位となっているドルトムントに対して、スペインのリーガエスパニョーラでは5位とレアル・マドリードらしからぬ滑り出しとなっています。

 

両チームの最近の成績とドルトムントのホーム試合であること、過去の対戦成績を見て必ずしもレアル・マドリード有利とは言えないでしょう。

 

なので、ドルトムントが勝利する可能性も大いにあり得ますね。

 

そして気になる香川選手の出場の可能性はと言うと、直近のリーグ戦では途中出場に終わりましたが、その前の試合ではスタメン出場しゴールも決め好調をアピールしています。

 

レアル・マドリード戦では直近のリーグ戦での疲労を考慮して、休ませる選手も何人かはいると思いますので、リーグ戦で途中出場に終わった香川選手は疲労も少なく好調を維持していることからも出場する可能性は高いと思います。

 

出場した場合の香川選手の活躍に期待したいですね。

 

ボルシア・ドルトムントvsレアル・マドリードの一戦は27日の3時45分、ジグナル・イドゥナ・パルクにてキックオフとなります。