【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

UEFAチャンピオンズリーグ決勝Tラウンド16

レヴァークーゼンvsアトレティコ・マドリードの試合が、2月22日水曜日にレヴァークーゼンのホームスタジアム、バイアレーナにて4時45分キックオフとなります。

 

両チームとも持っているポテンシャルはビッグクラブにも劣らないはずですが、国内リーグでの調子が今ひとつで波に乗り切れていません。

 

この一戦を気にチャンピオンズリーグ、国内リーグ共に弾みをつけたいところです。

 

ホームのレヴァークーゼンは、昨シーズンドイツ国内リーグを3位でフィニッシュし、チャンピオンズリーグ出場権を獲得しました。

 

しかし今シーズンは9位と低迷しています。低迷理由もハッキリしておらず上位チームに競り勝つのですが、下位チームにあっさり負ける試合が多くて何かかみ合っていない印象を受けます。

 

「強いチームには勝つが弱いチームに負ける」チャンピオンズリーグを決勝トーナメントまで勝ち上がってきた事実が何よりも証拠ですね。

 

注目選手はチャチャリートことメキシコ代表のハビエル・エルナンデス選手です。

 

昨シーズンはリーグ戦17得点を記録しましたが、今シーズンも既に8得点を記録しており、残り試合数を考えれば昨シーズンのゴール数を更新する可能性もあります。

 

ハビエル・エルナンデス選手の活躍に注目です。

 

アウェーのアトレティコ・マドリードもスペイン国内リーグを4位と本来の力を発揮できておりません。

 

その理由は、やはりエースストライカーのアントワーヌ・グリーズマンの不調にあるでしょう。

 

アトレティコ・マドリードは全員で守ってからボールを奪い、素早いカウンターが持ち味のチームなので、得点を決める人がしっかりと決めないと勝てません。

 

エースストライカーの不調の影響を受けやすいチームでもあります。

 

しかも、PKキッカーも任されているグリーズマンはPKを7発中5本も失敗しています。5発も外せば誰だってメンタルに影響してもおかしくありません。

 

更にマンチェスターユナイテッドへの移籍が個人合意したとの報道もあり、エースストライカーの移籍報道はチーム内の士気にも影響を及ぼしています。

 

そんなグリーズマンですが、周りの声を黙らせる活躍を見せれるのか注目です。

 

ではオッズを比較してみましょう。

 

ウィリアムヒル バイエル・レヴァークーゼン勝利 3.30 引き分け 3.00 アトレティコ・マドリード勝利 2.20

 

bet365 バイエル・レヴァークーゼン勝利 3.50 引き分け 3.30 アトレティコ・マドリード勝利 2.20

 

アウェイのアトレティコ・マドリードが有利の予想を示していますね。

 

意外な結果です。

 

というのも両チームの対戦成績の過去4戦は1勝1敗2引き分けで全くの五分。

 

しかもレヴァークーゼンのホーム試合なので、オッズはもっと接近すると思っていました。

 

レヴァークーゼンが勝利しても不思議はない一戦ですがどうなるのでしょうか?

 

両チームのエースストライカーの活躍と共にどのような試合展開となるのか注目してみましょう。