【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

UEFAチャンピオンズリーグ決勝T準決勝

UEFAチャンピオンズリーグ準決勝の2ndレグが6月10日、11日に開催となります。

 

10日がユヴェントスVSモナコ、11日がアトレチコ・マドリッドVSレアル・マドリッドです。

 

まずは1stレグの結果を交えて2ndレグの展望をお伝えしていきましょう。

 

モナコのホームスタジアム「スタッド・ルイII」で行われた1stレグでは、モナコ自慢の攻撃陣がユヴェントス守備陣の前に不発。

 

ユヴェントスのエースストライカーであるイグアインが2得点し、ユヴェントスが貴重なアウェイゴールを奪って勝利しました。

 

2ndレグはユヴェントスのホームであるユヴェントス・スタジアムで行われます。

 

ホームゲームで敗戦したモナコが勝ち上がる為には、2−0以上の結果が求められます。

 

しかし、圧倒的攻撃力を持つバルセロナを完封したユヴェントス守備を破るのは困難なうえ、モナコにとってはアウェイでの戦い。

 

決勝への道のりは困難な状況と言えるでしょう。

 

次はアトレチコ・マドリッドVSレアル・マドリッドです。

 

1stレグはレアル・マドリッドのホームスタジアムである「ベルナベウ」で行われ、レアルのクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを達成し3−0でレアルが先勝となりました。

 

スペインを代表する2チームの戦いだったので3−0という結果には驚きましたが、アトレチコは守備の要であるフアンフランとホセ・ヒメネスの欠場が響いたのかなと分析します。

 

2ndレグはアトレチコのホーム「ビセンテ・カルデロン」で行われるのでアトレチコの巻き返しに期待したいですが、1stレグで少し点差を付けられ過ぎた印象があります。

 

名将ディエゴ・シメオネ監督の采配に注目です。

 

では、UEFAチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグをブックメーカーにてオッズを確認していきましょう。

 

ブックメーカーbet365

 

両ブックメーカー共に1stレグで先勝した2チームが人気を集めています。

 

特にユヴェントスVSモナコはユヴェントスが圧倒的に有利とオッズに現れています。

 

逆にアトレチコ・マドリッドVSレアル・マドリッドは接戦を予想するファンが多いようです。

 

1stレグでは、チームのエースストライカーの活躍に差が出た印象を受けました。

 

ユヴェントスのイグアイン、レアルのロナウドはしっかり結果を残しチームを勝利に導いています。

 

モナコのムバッペ、アトレチコのグリーズマンは共に無得点。

 

1stレグで大人しかった分2ndレグでの奮闘に期待しましょう。

 

注目のUEFAチャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ「ユヴェントスVSモナコ」が10日、「アトレチコ・マドリッドVSレアル・マドリッド」が11日の共に3時45分キックオフとなります。

 

参考
ブックメーカーウィリアムヒル

免責事項