【当サイト限定】登録だけで1,000円もらえるキャンペーン実施中!!

>>詳しくはこちら<<

ブックメーカーの魅力

スポーツをより楽しみながら観戦できるのが、ブックメーカー(スポーツブック)の魅力ですが、その賭けの仕組みにも日本の公営ギャンブルにはない魅力があります。競馬や競輪など日本の公営ギャンブルでは、パリミュチュエル方式という方法を採用しています。

 

パリミュチュエル方式とは

主催者がまず、総掛け金の中から運営にかかる経費や自分達の利益分を確保してから、その残り分の掛け金を当選者で分配するという仕組み。

 

この仕組みでは主催者が必ず儲かるようになっており、参加者は大変不利な状況で勝負をしなければなりません。

 

日本の競馬などの公営ギャンブルはこの「パリミュチュエル方式」で行われています。

 

パリミュチュエル方式のオッズ(倍率)について、競馬の例で開設します。

 

オッズはどの買い目が来たときに、何倍の配当がつくかを示すものです。

 

これは当然のことながら、誰かが馬券を買うごとに変動し、レースが確定するまで本当の配当はわかりません。

 

オッズには「中間オッズ」、「最終オッズ」、「確定オッズ」の3種類に加え、前日オッズ、予想オッズが加わります。

 

種 類 発表時 説 明
中間オッズ 発売中 発売開始から締め切りまでのオッズ。一般にオッズと言われているのは、中間オッズを指す。しかし、時間と共に変動するので、確定オッズとの差が問題になる。
最終オッズ 締切 締め切りまでに売れた馬券を集計した最終オッズ。ただし、確定後に変動する。
確定オッズ 確定後 レース確定時のオッズ。これが払戻金として発表される。
予想オッズ 発売前 競馬新聞が予想家の印をもとにコンピュータによって計算した推定オッズ。実際に馬券が売れているわけではないので、精度はあまりよくない。

 

馬券を買う場合には、中間オッズを元に判断をくだす必要があります。

 

しかし、馬券を買った時点でもオッズが変動するため、期待される払戻金は必ず下がると考えたほうがいいです。

 

このようにオッズは投票が締め切られる寸前まで参加者が何に賭けたかによって変わり続けます。

 

高オッズのレースに賭けたのに出走までにオッズが下がり、せっかく当てたのに配当金は少なかった、なんて経験はありませんか?

 

これに対してスポールブックでは、ブックメーカー方式を採用しています。

 

ブックメーカー方式とは

ブックメーカーが独自にオッズを決定し、オッズ自体は参加者の売買動向に左右されないので、ブックメーカー vs 参加者個人という図式になります。

 

パリミュチュエル方式とは違い主催者(ブックメーカー)側が常に勝つとは限らないので、勝負するゲームを厳選していけば勝率を大幅に上げることが可能で、このような主催者側との駆け引きもブックメーカーの魅力のひとつです。

 

ブックメーカーのオッズに根拠はない

一方、ブックメーカーの利益の仕組みも、実は基本的な構造は同じです。

 

すなわち、ブックメーカーは各ゲームのオッズを先に提示して顧客から投票を募り、賭け金を集めます。

 

その際、勝つ可能性が高いのはどちらか、どちらに人気が集中するか、などを正確に分析し、それらを踏まえて自らの運営費を賄えるように、オッズを設定しているわけです。

 

ブックメーカーの配当は「パリミュチュエル方式」と同じで常々変化することはしますが、少し違うところがあります。

 

買った時点で、その人の配当は固定されます。

 

買ったときに配当が表示されていて、その配当がそのまま買ったときに払われるのです。

 

変化するというのは、買う時間によって、運営が変えるということです。

 

例えば、100人に5倍の配当がつくオッズが売れました。

 

ブックメーカー側は「このままこれが売れ続けて皆に配当を払うことになると大赤字だ…」ということになったら、その次の101人目からは少し下げた配当(例えば3倍など)にして売るのです。

 

この配灯のオッズは賭けの主催者(ブックメーカー)が試行錯誤して、適切に配当を決めます。

 

うっかりすると赤字になってしまうからです。

 

 

日本のJRAとウィリアムヒルのオッズの差(ジャパンカップ)が顕著に現れた例をみてみましょう!

 

ウィリアムヒルの前日オッズ(28日午前10時)

 

JRAオッズ(28日午前10時5分)と比較してみると、その差がかなり大きくなっています。

 

馬名 ウィリアムヒルオッズ JRAオッズ
ラブリーデイ 3.75倍 2.9倍
ゴールドシップ 7.5 4.9倍
ミッキークイーン 8.0 5.8倍
ショウナンパンドラ 11.0 9.7倍
サウンドオブアース 12.0 10.7倍

 

もちろんこれは競馬だけではなく、どのスポーツにおいても、もちろんスポーツ以外のBET対象においても、つまりすべてのBET対象において“BETした時点”でのオッズが適用されるのです。

 

さらにもうひとつ

 

ブックメーカーが大赤字を出した面白い例を紹介します。

 

これはとある、ブックメーカーがつけたオッズになります。

 

 

このようにふざけたオッズをつけたりするのが、ブックメーカーの面白いところなのですが、、、

 

ブックメーカーにとっては悪夢のような出来事が実際におこったのです。

 

 

最高5000倍のオッズが出た歴史的な瞬間

2016年プレミアリーグで、日本代表FW岡崎慎司(29)が所属するレスターが優勝しました。

 

 

リーグ優勝を果たしたレスターシティですが、実はシーズン開幕前に、レスターシティの優勝を予測するブックメーカーのオッズは5001倍でした。

 

レスターシティはプレミアリーグへ昇格した直後であり、また前年の成績は20チーム中14位で降格の危機にあったため、誰もが「優勝するはずがない」と考えていたのです。

 

5000倍オッズのウィリアムヒルのオッズ

 

ウィリアムヒルの2015年8月の時点でも優勝オッズでもレスターシティは2501倍のオッズが付いていました。

 

 

ところが、蓋を開けてみれば世紀の番狂わせ。

 

オッズが5000倍の時点でレスター優勝に賭けた人は、ウィリアムヒルだけで25人いるといいます。

 

ウィリアムヒルはじめ5001倍のオッズを付けた大手ブックメーカー3社は、計770万ポンド(約10億円)の損失を被ったと言われています。

 

『BBC』の紹介する38歳の大工リー・ハーバートさんは、レスター優勝のオッズが5000倍だったシーズン開始当初に5ポンドを賭けており、2万5千ポンド(約416万円)の大金を手にいれました。

 

ハーバートさんは、優勝がきまるまでブックメーカー側から「今かけをやめてくれたら53万払います」と持ち掛けれましたが、断ったそうです。

 

 

このように予想外の出来事に賭けることで、一獲千金を手に入れることができるのがブックメーカーの魅力でもあります。

 

 

レスターのプレミアリーグ優勝、英国のEU離脱、米国のドナルド・トランプ大統領誕生の3連賭けに5ポンド(700円)賭けて勝っていた場合、1500万ポンド(20億円)の賞金を得られていただろうということをブックメーカーが発表したとイギリス紙の『デイリーメール』が10日付で伝えています。

 

高い還元率

還元率(払戻率・ペイアウト率)というのは、集まった賭け金のうち運営元がどれだけプレイヤーに払戻すかという割合です。

 

---------------------------------------------
・宝くじ 50%前後
・競馬・競艇・競輪 75%
・パチンコ 平均80%
---------------------------------------------

 

競馬を例にとると100円で馬券を買った瞬間に、その価値は75円まで下がります。

 

しかも、必ず戻ってくるわけではなく、あなたが買った馬券が的中しなければ1円も戻って来ません。

 

この差し引かれた25円はどこにいったかというと、通称「テラ銭」と呼ばれる参加費になるのです。

 

この参加費はJRAの運営費、賞金、税金などにあてられています。

 

的中馬券の払い戻しから直接引かれるわけじゃないので実感が湧きづらいのですが、オッズの段階で控除率ぶんの配当が目減りしているのです。

 

ギャンブルごとに性質が違うので単純に比較はできませんが、一般的には還元率が高いほど当選率が高いなど参加者にとって有利になります。

 

ブックメーカーの還元率は95%以上!

 

ブックメーカーの還元率は平均95%以上といわれています。

 

還元率という点でそもそも有利であり、さらに賭ける対象がスポーツだからこそ、ブックメーカーはノウハウを知ればそれが利益に直結します。

 

ブックメーカーの期待値と還元率について詳しく解説したページ

 

なお、還元率はブックメーカーによって若干変わってきます。

 

詳しくは以下のページを参照ください。

ブックメーカーの還元率について

賭けの種類が豊富

競馬や競輪などの公営ギャンブルでは、選択肢はどれ(誰)に賭けるか、何番に賭けるかといったところですよね。

 

ブックメーカーでは、さらに幅広くいろんな賭け方ができちゃうのです。

 

 

例えば
・試合終了10分以内にゴールが決まるか?
・コーナーキックで得点が入るか?
・ハンディキャップ

 

また、マルチベットというBET方法で、
2試合、3試合、4試合・・・というように、複数の試合を予想することが出来ます。

 

 

このように、一夜にして大金を手にするケースも稀ではありません。

 

 

以下は実際にあった話です。

 

 

老舗のブックメーカーウィリアムヒル

 

サッカーのたった3試合のマルチベットで誕生した
921万円の勝利を手にした日本人プレイヤー

 

 

スペインリーグの試合

  • バルサvsソシエダード

     ソシエダードの90分勝利

 

  • デポルVSビルバオ

     デポルの90分勝利

 

  • ヘタフェvs ラーヨ

     ラーヨの90分勝利

 

という、たった3試合のマルチベットに10万円をベットして、見事的中

 

日本のサッカーでもリーグ最下位のチームが優勝を争っているチームに勝ってしまうことがあるのは当たり前ですし、当然、そのような場合、配当は一気に大きくもなります。

 

このような、“高額配当”が起こりうるのもブックメーカーの魅力です。

なんといってもライブベット

ブックメーカーの醍醐味はなんといってもライブベットでしょう。

 

リアルタイムで行われている試合に対して賭けることもできます。

 

多くのブックメーカーはストリーミング配信をしているので、中継で試合の展開を見ながら賭けることができるんです。

 

テレビの試合を見ながらライブベッティングは興奮します。

 

驚きなのは、試合後半の結果がほぼ見えたかな?という際に賭けて配当を貰うなんてこともできます。

 

例えば、サガン鳥栖VS柏レイソルの試合があったとして、前半が終わった時点で、「サガン鳥栖1―0柏レイソル」 ならサガン鳥栖が勝つ確率が強いですよね?

 

そこで、試合の途中から「サガン鳥栖へ賭ける」。(当然、この場合のオッズは低くなりますが)というように試合が始まった後でも、賭けることができるのがライブベットです。

 

 

その他にも、「残り時間で逆転があるのか?」とか、「あと何点入る?」など、ライブベットならではのリアルタイムな賭け方が魅力です。

 

あとは、自分が賭けたチームが、実際に試合が始まってみると負けてしまっている場合、ライブベットで相手側のチームに賭けることで、その損失を?なくすることも出来ます。

 

様々な賭け方を知ることで、賭け方を工夫しながら、楽しむことが出来るのもスポーツベッティングの魅力です。

 

  • 自分が賭けたチームが負けているので、ライブベットで別チームに賭けることでリスクヘッジを行う
  • 自分が賭けたチームが勝っているので、さらにライブベットで追加で賭け、より大きな利益を見込む

 

こういった投資の側面をもつのもブックメーカーの魅力でもあります。

 

ブックメーカーのライブベットについて